Merrion Square

merrionsq.exblog.jp ブログトップ

タグ:音楽 ( 7 ) タグの人気記事

音楽: Si Schroeder "Lavendermist"



Si Schroeder "Lavendermist"
"Beyond The Bookshelf" (6/4/2012)
The New Theatre, Dublin Ireland
[PR]
by p_n_t | 2012-04-10 08:23 | 音楽

音楽: Si Schroeder "Eyes-Wide"



Si Schroeder "Eyes-Wide"
"Beyond The Bookshelf" (6/4/2012)
The New Theatre, Dublin Ireland
[PR]
by p_n_t | 2012-04-10 00:59 | 音楽

音楽: iTune Store - Japan vs Ireland

先日の投稿で書いた、Martyn Bates の「Love Smashed on a Rock」を iTune Store で €8.99 で購入しました。

で、このアルバムをすごい年月かけて一緒に探していた友達も日本の iTune Store で購入したらしいのですが、1,500円だったようです。

€8.99 は今のレートでは日本円で約1,000円。

物流がからまないダウンロードで500円も差がでるのってなんで?

著作権とかそういうので、そんなに差がでるのかな?

それはともかく、3曲目の「You So Secret」は年月を越えた今聴いても色あせることなく美しいです。

a0030714_830243.jpg

[PR]
by p_n_t | 2010-09-20 08:44 | 雑文

音楽: Martyn Bates

Martyn Bates’s three 1988-1990 solo albums finally re-released (mp3 format)」だそうです。

その中には「Love Smashed on a Rock」も含まれています。

iTunes store などで買えるそうです。
[PR]
by p_n_t | 2010-09-18 07:09 | 雑文

Live Aid

のDVDを買いました。

もう20年ほど前になるんだなあ。

日本でも24時間で放送をして、そういやビデオに撮りながらほとんど観たっけ。

当時は単純に Duran Duran とか Spandau Ballet とかが好きで、おおすっげーとかって思ってただけだけど、ビデオのはじめにそのバックグランドがどういうのでとかを説明してたりとか、ブックレットにそのお金がどのようになってとかって書いてあったりして、なんか改めてそういう目的で動いたボブ・ゲルドフやいろんなバンドたちがいっぱい居たのかと感動してたり。

でも、その後持った大金に溺れて、自分がそういうものに参加したのも忘れて(ってかそういう人たちってそんな気なんてもともと無く、ただお祭りに参加したんだろうけど)おかしくなったバンドや個人も結構多いのがちょっと悲しかったり。

と思うと、ボノなんて未だにちゃんと自分が有名なのを利用してそういう活動してるのはえらいなと。

などなど、ノスタルジーも含めていろんな感情が湧いてきて、観ながらちょっと涙ぐんでたりしました。
[PR]
by p_n_t | 2004-11-14 09:20 | 雑文

Sarah McLachlan

14年前、彼女の音を聴いた。

半年前、14年前には存在すら知らなかった異国の地、現在の居場所であるダブリンで、彼女の歌を聴くことのできるとの情報を得た。

そして今日、年月を越えた出会いの日、だったのですが。

14年はちょっと長すぎたかな。。。

いや、彼女の容姿うんぬんとかではなくて。実際、きれいなお姉さん(?)になったんですよ。結婚されてお子さんまでいるとは知らなかったんですけど。

年月は彼女の音を、音楽として完成度が高いものにしてしまったようです。

彼女の音楽からは、当時それまで感じたことの無かったような質感、確かにきれいなんだけど、それだけじゃあ本来誰も入ってこれるはずのない外部からは隠してしまっている奥の部分を、その音から派生しているであろう何かによって直接刺激されるような感じっていうか、そういうのをもう感じることはできませんでした。

今回、懐古的なものも含めて、期待していたその当時のものが、まるで無かったかのように触れられること無く終わってしまいました。

そういったものを感じたのは今までで、彼女のファーストアルバム「Touch」の「Vox」と「Out Of The Shadows」、その他にはMartyn Batesの「Love smashed on a rock」というアルバムの「You So Secret」だけ。
「Love smashed on a rock」はもう聴くことができないんだけど、「Touch」は今聴いても、ああ懐かしいとかじゃなくて(といっても懐古という感情が錯覚を起こしているだけなのかもしれないけど)、当時と変わらない刺激を受ける。

いや、批判してるわけじゃあ全くなくって、コンサート自体は良くできてたなあとは思うんですよ。でもその辺を切り捨ててしまった(失ってしまった?)のはやっぱりちょっともったいないなと感じたのでした。
[PR]
by p_n_t | 2004-10-18 09:33 | 雑文

おっ?

なんとなく検索してたら見つけたんだけど、どうなんだろう、これ?
この前書いた映画の「Lost In Translation」の音楽をやったりと、なんかちゃんと自分ので動いてそうなので、ひょっとしたら本当かも。
まあ、あまり期待せずに待っていようかと。

my bloody valentine to here knows web(英語)
CD Journal (日本語)
[PR]
by p_n_t | 2004-07-19 10:36 | 雑文
line

アイルランドのダブリンで、日々の生活で思いついたことを書いたり、アイルランド国内や旅先(主にヨーロッパ)で撮った写真を掲載したりしています。


by p_n_t
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30