Merrion Square

merrionsq.exblog.jp ブログトップ

<   2004年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Sarah McLachlan

14年前、彼女の音を聴いた。

半年前、14年前には存在すら知らなかった異国の地、現在の居場所であるダブリンで、彼女の歌を聴くことのできるとの情報を得た。

そして今日、年月を越えた出会いの日、だったのですが。

14年はちょっと長すぎたかな。。。

いや、彼女の容姿うんぬんとかではなくて。実際、きれいなお姉さん(?)になったんですよ。結婚されてお子さんまでいるとは知らなかったんですけど。

年月は彼女の音を、音楽として完成度が高いものにしてしまったようです。

彼女の音楽からは、当時それまで感じたことの無かったような質感、確かにきれいなんだけど、それだけじゃあ本来誰も入ってこれるはずのない外部からは隠してしまっている奥の部分を、その音から派生しているであろう何かによって直接刺激されるような感じっていうか、そういうのをもう感じることはできませんでした。

今回、懐古的なものも含めて、期待していたその当時のものが、まるで無かったかのように触れられること無く終わってしまいました。

そういったものを感じたのは今までで、彼女のファーストアルバム「Touch」の「Vox」と「Out Of The Shadows」、その他にはMartyn Batesの「Love smashed on a rock」というアルバムの「You So Secret」だけ。
「Love smashed on a rock」はもう聴くことができないんだけど、「Touch」は今聴いても、ああ懐かしいとかじゃなくて(といっても懐古という感情が錯覚を起こしているだけなのかもしれないけど)、当時と変わらない刺激を受ける。

いや、批判してるわけじゃあ全くなくって、コンサート自体は良くできてたなあとは思うんですよ。でもその辺を切り捨ててしまった(失ってしまった?)のはやっぱりちょっともったいないなと感じたのでした。
[PR]
by p_n_t | 2004-10-18 09:33 | 雑文

夕焼け+Luas、といえば「ボタン押せない事件」最終章

a0030714_5242770.jpg今日は別にLuasで帰宅する必要がなかったのですが、買い物に行く途中で駅を通るので1枚。
Luas自体は暗くてわかんなくなってしまったけど、奥のほうに居るのが奴です。

で、Luasといえば、券売機です。

2週間ほど前のある日、同僚に「券売機のボタンの反応は静電気などではなく押す力だ」といわれ、「ああ、あるかも」とか思っていると、ちょうどその週の金曜日にまたもや奴に乗る羽目になりました。

会社から駅までの道中、そういや「強く押す」なのかも、と静電気説が揺らぐ中、また無様に人にボタンを押してもらうのはいやだったので、念には念をと道中の「指こすり(静電気ため)」をしつつ駅に向かいました。
そして、いざボタンを押すときは「強く押す」も実践してみると、難なくチケットは買えてしまいました。
じゃあ、どっちが効いたのかわからんじゃん!
ってことでその週はまだ券売機のボタンは謎につつまれたままだったのです。

そしてその次の週、ってか先週金曜日、またまた帰りのバスに間に合わなくてLuasに乗る羽目なったのです。いや、別にLuasに乗りたいから残業したんじゃないって。

すると、ちょうど同じく遅くまで働いてた親切な同僚(「強く押す」の人ではない)が駅まで車で送ってくれたんだけど、車の中では「指こすり」をするひまが無く(ってかすると怪しすぎるので)、まあ、「強く押す」の実践にもってこいの機会が訪れたわけです。

「んじゃあ、ありがとねー」と駅に着くと、あっ、Luasいるー、早くしないとー。って、いっぱい並んでんじゃねえよ。
ってな感じだったのですが、Luasはまだ出ず、順調に列は短くなっていたのですが、さてあと1人ってとこで、前の彼は(も?)ボタンが押せないらしく、「なぜ」って、あの外人の良くやるポーズ(って、何年も外国に住んでる奴の表現じゃないけど)をしつつこっちに困った顔されても。ってかLuas行っちまったじゃねーかよー。
そういうのが続くとなんかやな予感する、とか思っていると、彼は何とかチケットを買うことができたらしく、ようやく順番がまわってきました。
次が来るまでまだ5分ほどあるので、もうあわて理由もなく、では当初の予定通り、

a0030714_551292.jpg「えいっ!強く押すっ!」

ぷぽっ!って、あれ?なんだ?簡単に買えるじゃん!

ってなわけで、正解は「強く押す」だったらしいです。
今思うと、なんで強く押してみようと思わなかったんだろう?

そうそう、右の画が奴です。
[PR]
by p_n_t | 2004-10-16 07:03 | 雑文

アイルランド写真: ダブリン: 朝焼け

a0030714_8403755.jpgGrand Canal Street。
写真ではましですが、ここからGrand Canal Doc駅へ行くために次の角を曲がるまでの間、まっ黄色な逆行でで何もみえません。
注意しないと人にぶつかりそうになります。



a0030714_8405535.jpgBlackrockの駅のすぐ近くにかかっている線路をまたいで海側へ渡る橋の上。
今日は珍しく風がすくなく、そんなに寒くなかったので、バスを待っている間に3枚。


a0030714_8411159.jpg

[PR]
by p_n_t | 2004-10-13 09:05 | アイルランド

アイルランド写真: ダブリン: Merrion Square

a0030714_7234432.jpgこのブログの名前の由来。
近所の憩いの場。
今回はその写真、といってもほんのちょっとだけ。
これだけじゃあじゃあどんな所かまったくわかんないなあ。
そのうち公園内部を探索した写真を載せる予定だけど、散歩してると撮影なんて頭にないんだよなあ。


a0030714_7332358.jpg

[PR]
by p_n_t | 2004-10-11 07:40 | アイルランド

アイルランド写真: ダブリン: Grand Canal

散歩道。
週末は人が少ないので、散歩はかなり快適です。
雨さえふらなければ。
a0030714_713377.jpg

a0030714_6534428.jpg

a0030714_6532679.jpg

[PR]
by p_n_t | 2004-10-11 07:05 | アイルランド

アイルランド写真: ダブリン: St Stephen's Church of Ireland

a0030714_629243.jpg

通称は、The Pepper Canister church。
写真や画の題材として多く使われたりなどなど、まあいろいろと有名な建物です。
[PR]
by p_n_t | 2004-10-11 06:41 | アイルランド

アイルランド写真: ダブリン: 夕焼け

a0030714_7385253.jpg


会社の帰り。
Blackrock駅にて。
ピンクと青の空がきれいだったのでなんとなく撮ってみました。
この5分後に雨が降ります。
[PR]
by p_n_t | 2004-10-08 07:44 | アイルランド
line

アイルランドのダブリンで、日々の生活で思いついたことを書いたり、アイルランド国内や旅先(主にヨーロッパ)で撮った写真を掲載したりしています。


by p_n_t
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31